部屋をデコレーションする際に気をつけたいことのまとめ

Solliciter un devis

Le numéro est incorrect. Merci de vérifier le code du pays, préfixe et numéro de téléphone.
En cliquant sur 'Envoyer', je confirme que j'ai lu le Politique de confidentialité et j'accepte que mes informations précédentes soient traitées pour répondre à ma demande.
Note : Vous pouvez révoquer votre consentement en envoyant un e-mail à privacy@homify.com

部屋をデコレーションする際に気をつけたいことのまとめ

Y. Y. Y. Y.
Salle à manger de style  par パパママハウス株式会社, Moderne
Loading admin actions …

よそのお宅やカフェなどで見かけて、素敵だなと思うインテリアのコーディネート。実際に自宅で取り入れてみようとしても、頭の中で描いていたのとは違った結果に、なんてことはありませんか?今回は、新居へ移られる方、模様替えを考えておられる方のために、部屋をデコレーションする際に気をつけたいポイントを6つにまとめてご紹介したいと思います。

無駄なものを置かない

部屋をデコレーションする際に、一番はじめに気をつけたいポイントが、余計なものは置かないということ。お洒落だと感じるインテリアは、大抵きっちりと片付いており、無駄がありません。リビングなどに片付けずに放置してあるものがあったら、まずは収納、もしくは処分してみましょう。それだけで、もう十分部屋が違って見えるはずです。こちらのリビングは、ベルリンのインテリアデザイナー、VINTAGENCYが手掛けたもの。装飾は少なく、すっきりとした室内なので、その分、一つ一つの家具や植物が映えますね。

写真:Anne-Catherine Scoffoni

サイズやプロポーション

Salon de style  par toki, Scandinave

お店で見て、気に入った家具を実際に家に置いてみると、ちぐはぐな印象になってしまった、ということはありませんか?それには、他の家具との相性や、部屋のサイズを考慮に入れていなかった、という原因が考えられます。例えばこちらのリビングは、アースカラーでまとめられ、落ち着いた印象です。家具も背丈の低いものを用い、目線を下の方に持っていくようにコーディネートされています。ここに背の高く、派手な色の家具を一つ置くと、圧迫感があり、居心地が良いとは言えませんね。ですから新しい家具を選ぶ際には、まずサイズを測り、既存のインテリアとの相性を考えてみると良いでしょう。

壁を考える

室内で最も面積の広い壁は、インテリアを考える上で、大切な要素の一つです。壁紙やタイルを用いる場合、特に目立つ色や模様のものは、アクセントとして一部にのみ取り入れることをお勧めします。室内全体を壁紙で埋め尽くしてしまうと、息をつく場所がなく、なんとなく落ち着かない印象になってしまうことも。こちらのモダンなリビングは、違ったタイプの壁があり、レンガ調のもの、タイル調のものとそれぞれアクセントが効いていますね。でもそれは、無地の壁が間で引き立て役をしているからこそでしょう。

写真:Edson Ferreira

気候に合わせる

インテリアで無視できないポイントは、気候に合わせてあるかということ。それはカーテンの素材一つを取り上げても分かるように、例えば寒い時期や地域であれば、外の冷気を遮断する分厚い素材が適していますね。地域ごとに発展した室内装飾は、気候に合わせて作られたものがほとんどでしょう。こちらの簾も、暑く湿度の高い日本の夏に合わせて作られたもので、見ているだけでも清涼感が味わえます。

写真:株式会社鹿田産業  SHIKADA SANGYO INC.

統一感

Salon de style  par dwarf, Scandinave

室内をお洒落に演出するためには、何かしらの統一感が必要です。洋服をコーディネートするのと同様に、室内をデコレーションする際も、他のものと上手く「コーディネート」されているか、チェックしてみましょう。新潟県の建築家、DWARFが手掛けたこちらのお住まいは、白い壁とアースカラーで揃えられた家具がシックな印象の、北欧風のお住まい。黄色の扉やデコレーションも差し色として映えています。どれもこれも計算されて、選ばれたものばかりで、統一感がありますね。

時代やスタイルを混ぜる

最後に気をつけたいポイントは、統一感を求めるあまり、家具を同じ店で全て揃えてしまうこと。そうすると、確かに統一感は期待できるかもしれませんが、室内に表情がなく、面白みのないものとなってしまうことも。こちらのダイニングは、ヨーロッパのアパルトメントを意識したもの。ほどよく取り入れられたビンテージ感が、空間をとてもお洒落なものに仕上げています。時代やスタイルを色々取り入れて、なおかつ統一感を持たせるというのが、インテリアコーディネートの醍醐味ではないでしょうか。

写真:papamamahouse.com

Maison de Village : Maisons de style  par Lautrefabrique , Moderne

Besoin d’aide pour votre projet de maison ?
Contactez-nous !

Trouvez l’inspiration pour votre maison !