暮らしで和を感じる!和モダンスタイルの作り方

Solliciter un devis

Le numéro est incorrect. Merci de vérifier le code du pays, préfixe et numéro de téléphone.
En cliquant sur 'Envoyer', je confirme que j'ai lu le Politique de confidentialité et j'accepte que mes informations précédentes soient traitées pour répondre à ma demande.
Note : Vous pouvez révoquer votre consentement en envoyant un e-mail à privacy@homify.com

暮らしで和を感じる!和モダンスタイルの作り方

kiyohid.hayasi –  homify kiyohid.hayasi – homify
Couloir, entrée, escaliers modernes par FCD Moderne
Loading admin actions …

最近では生活が現代的になるにつれて、そこから和を感じさせるものが減ってきました。多くの家にあった和室は今ではどの家にあるわけではありません。ですが日本人である以上、和を感じさせるものに安らぎを感じる人も少なくないでしょう。そこで今回紹介したいのは、現代的な家であっても和を感じられる「和モダン」スタイルの住まいのアイデアです。和モダンスタイルを作って、落ち着ける家を作ってみましょう。

縁側を設ける

まず最初に紹介するのは縁側。縁側と言えば、建物の端に設けられた空間で、家の空間の一続きなっている場所。ですが壁などがないため、外の風に当たれ、家の外でも中でもある中間的な場所として知られています。そんな縁側を取り入れると和の雰囲気を楽しめるだけでなく、開放感も楽しむことができます。村瀬充アトリエは田園地帯に建つ家に縁側を取り入れました。そのため家の中からのどかな風景を楽しめ、外の風を感じることができます。ここでは心地良い和を楽しむことができるのです。

畳コーナーを作る

次に紹介するのは畳を取り入れること。和室が無くても、リビングの一角に畳を取り付けるだけで、和の雰囲気を楽しむことができます。株式会社スケールは、フローリングに薪ストーブという洋風な住まいに畳スペースを取り入れて、和モダンな住まいを実現しました。フローリングの広がるリビングの一角は、掘りごたつのように一段低くなっており、そこに畳が敷かれています。そのため掘りごたつの縁に座れるなど、気軽に和を楽しめるようになっているのです。

坪庭を設ける

Salle multimédia moderne par arbol Moderne

和の印象と言うと、ナチュラルな印象を思い浮かべる人も多いでしょう。そうしたナチュラルな雰囲気を作るには、緑を楽しめるは重要な果たすことになります。ですが、庭が造れるような広い敷地を確保するのは簡単ではありません。そこでお勧めしたいのは坪庭を造ること。ARBOLが手がけた家では、坪庭を家の周りに配置することで庭に囲まれた住まいを演出しています。こちらの家は外壁に囲まれていますが、庭に囲まれているように感じさせて、圧迫感を減らし、同時に解放感を生み出しているのです。

土間を作る

Couloir, entrée, escaliers modernes par FCD Moderne
FCD
FCD

最近では再び土間が見直されるようになってきました。土間とは、家の内側に設けられた地面と高さが同じ空間。一段低くなっているため、一般的には屋外と繋がる玄関などに設けられています。そんな土間は縁側と同様に屋外と屋内を繋ぐ役割を果たします。こうした土間を活用したのは、FCDが手がけた家。最近では防犯を考えて、多くの家が閉じられた空間となり、解放感が得られなくなりました。そこで、こちらの家ではリビングの一角に土間を設けて、土間側の戸を全開できるようにしたのです。そのため、リビングと外の繋がりを生み出し、解放感が得られるようになりました。

障子を用意する

和を感じさせる住まいを作るのは、決して難しいことではありません。障子を取り入れることで簡単にできます。空間設計AUNは障子を使った心地良い住まいを手がけています。ここで障子が取り付けられたのはリビング。ただし障子は和を感じさせるだけに留まりません。リビングは庭に面していますが、庭は道路横にあるため、庭越しに家の中が見えてしまいます。そこで人通りの多い時間帯には障子を閉めて、外からの視線を跳ね返し、その一方で障子越しに入り込む太陽の光を楽しめるのです。

木の家にこだわる

最後に紹介したいのは木の家。和と言えば、ナチュラルさが重要。そこで木の存在を感じられる家が考えてみるのも悪くありません。そこで紹介したいのは、株式会社住まいずの手がけた家。こちらの家では地元で採られた杉をふんだんに使っています。木は床や柱、そして天井などに使われているため、家の中にいると、まるで森の中にいるように感じられるでしょう。こうした家なら常に自然素材を身近に感じられるため、気持の良い暮らしを送ることができます。もし落ち着いた暮らしを送りたいのであれば、ぜひ取り入れてみてください。

【和モダンについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 和モダンな住まいにする6つの方法 

※ 和風モダンの魅力

▶homifyで建築家を探してみませんか?◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※ 

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 


Maison de Village Maisons modernes par Lautrefabrique Moderne

Besoin d’aide pour votre projet de maison ?
Contactez-nous !

Trouvez l’inspiration pour votre maison !