パブリックとプライベートを両立させること

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

本日紹介するのはセカンドハウス的な要素と、仕事関係者や知人を招く為のゲストハウス的な要素を兼ね備えた住宅です。パブリックな利用用途が大きい場合、住宅はどのように変化するのでしょうか?敷地があるのは静岡市中心市街地より近くの閑静な住宅地で学校や図書館、公園などがある落ち着いた雰囲気を持った文教地区です。住宅地でありながらクライアントが望んだのは「自然に囲まれた建築」というもの。「滞在する人のエネルギーを高め、感動を与える建築つくりを心掛けている」という依田英和建築設計舎が作り上げたのはこんな住宅です。

外観

周辺との景観考慮とパブリック・プライベート空間どこからでも庭園を眺められる関係にしたい、という考えから二つの庭園を囲む平屋の建物となりました。中心に位置するこちらの中庭と南側の庭を囲んで「南棟」「西棟」「北棟」という三つのボリュームで構成されています。庭園に加え、敷地からは北側に近接する公園の樹木や西側の山々を見晴らすことができるという気持ちの良い環境。庭園の木々が生い茂る頃には自然に囲まれた別荘地のような雰囲気となることでしょう。

パブリックゾーンの南棟

南棟にあるのが主にパブリックなリビングと応接のゾーン。二つの庭園に囲まれたここは両側に大きな開口部が取られ、中間色のフローリングと天井、光源を隠し優しい光を放つコーブ照明などによって、自然の中にいるような開放的で快適な空間となっています。初めて訪れるゲストもリラックスして時間を過ごせそうですね。

​西棟のダイニングキッチン

西棟にあるのはダイニングキッチンです。南棟のリビングから西棟への空間は分割しつつ、カーブしながら緩やかに繋がっています。視線と動線を導くカーブに合わせた曲線のカウンターが印象的ですね。内側は収納となっています。コンクリートと石板のトップを持つアイランドキッチン、ステンレスのスタイリッシュな冷蔵庫などクールでモダンなキッチン。広々としたレイアウトと、リビングとはまた違った庭園の眺めが彩るダイニングでゲストとの食事も盛り上がりそう。

バスルーム

同じく西棟にあるのがこちらのバスルーム。湯に浸かると視界に広がるのがこの中庭の景色。この開放感ながら建物に囲まれているのでもちろんプライバシーは確保されています。青い空に流れる雲を眺めながら、またはライトアップされ幻想的な雰囲気をまとった木々を眺めながら… 身も心も癒される贅沢な時間を過ごすことができます。

プライベートゾーンの北棟

北棟にあるのがサニタリーや個室・書斎のプライベートゾーン。写真は寝室、中央の壁の向こうが書斎となっています。ゲストの訪れるパブリックゾーンと棟を分けることで、完全なプライベートゾーンとして精神的にもオン・オフを切り替えられるスペースですね。こちらも外からの視線を避け、防犯に配慮しつつ中庭の眺めを満喫できるよう計画されています。

Maison de Village : Maisons de style de style Moderne par Lautrefabrique

Besoin d’aide pour votre projet de maison ? Contactez-nous !

Obtenir de l’aide gratuitement

Trouvez l’inspiration pour votre maison !