異素材を使ったファサード5選 - 魅せる素材の使い方!

Solliciter un devis

Le numéro est incorrect. Merci de vérifier le code du pays, préfixe et numéro de téléphone.
En cliquant sur 'Envoyer', je confirme que j'ai lu le Politique de confidentialité et j'accepte que mes informations précédentes soient traitées pour répondre à ma demande.
Note : Vous pouvez révoquer votre consentement en envoyant un e-mail à privacy@homify.com

異素材を使ったファサード5選 – 魅せる素材の使い方!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Maisons industrielles par AtelierorB Industriel
Loading admin actions …

ファサードの素材は家の印象を決めるポイントです。サイディング、石、木、コンクリートなどたくさんの素材によって質感や印象はがらりと変わります。コスト上の理由からサイディングの傾向も多い現代ですが、存在感を高めるには本物の素材を使うのが個性あるファサードを作るポイントになります。今回ご紹介するのは、素材の中でも複数の異なるものを使った、異素材を組み合わせたファサードのデザイン5選です。一見相反する素材を使い、”魅せる”個性のあるファサードを見てみましょう!

1、錆の存在感が魅力の彫刻家の血が流れる家

石井秀樹建築設計事務所によるこちらの家は、コールテン鋼とコンクリートの素材のコラボレーションです。住まい手の親御様はコールテン鋼を使った作品を手がける彫刻家。耐候性、耐久性に優れ、サビの独特な質感と存在感の魅力だけでなく仕上げの外壁材としても申し分ない機能性を持ちます。一般的な「家」の形状よりもアーティスティックなフォルムを想起させるこちらの家は、コールテン鋼の屋根部分を居住空間に生かされた二世帯住宅です。外部の無骨な印象とはまた違う、落ち着きながらもソフトで優しい空気感を持つ家に仕上がりました。本住宅については「素材感が生み出す心地良い生活」で詳細をご紹介しています。

2、アンティーク家具の似合うアーティスティックな家

ガルバリウム鋼板の金属と、板張りの自然素材を組み合わせたこちらの家は、ATELIERORBが手がけました。アンティーク家具が似合うような空間と、開放的で心地よい住まいを望んでいた住まい手。建築家は、コストは抑えつつも住宅としての機能性を充実させるような家をデザインしました。アンティーク家具が似合うインダストリアルなデザインをイメージされたファサードは、直線で構成された立体感が独特な味わいを持ちます。ウッドの外壁部分と、ガルバリウム鋼板の面を持つファサードは角度によって見え方が異なり、個性あるモダンな印象を与えています。本住宅については「内部における外部的開放感を実現した家 1950-house」で詳細をご紹介しています。

3、大地の緑を取り込んだアスレチックのような家

KEITARO MUTO ARCHITECTSの手がけたこちらの家は、家の半分地面から宙に浮いているのが特徴です。緑の風景を生かしてデザインされ、建物自体をスキップフロアによって敷地の地面を増やすよう計画されました。地面から浮いた部分は、地盤改良のためのコストも抑えることができ、限られた敷地の中で緑豊かな芝の面積を増やすにも有効です。地面に着いた面と、浮いている面はファサードの素材を変えることでこの家のチャームポイントとなる部分をしっかりと強調し、より魅力を感じ取りやすいデザインになっています。軒下になる部分にはハンモックが吊るされ、まるで秘密基地のようにわくわくする空間です。本住宅については「宙に浮かせることで生まれるプラスα」で詳細をご紹介しています。

4、心地よい住環境を持つ事務所兼用の平屋住宅

株式会社 竜廣設計が事務所兼自邸として建てられたこちらの家は、コンクリートブロックと木造のコラボレーションで生まれています。北欧のトリプルガラスやペレットストーブを備え、冬でも快適な住環境を実現。中庭を内包し、ゲストを迎える正面と、プライベートな庭を楽しめる裏側ではそれぞれ魅力的な顔を持ちます。コンクリートブロックは室内でも近年人気の素材ですが、ブロック状でそれぞれに絶妙な色の陰影を持ち、アクセントになりながら施工性も良いのが魅力。塀や脇役だけでなく、演出性も高くアイデア次第で豊かな可能性を持つ素材はこれから注目の存在です。本住宅については「『Tatsuhiro Base』」で他の写真をご覧いただくことができます。

5、敷地を最大限に有効利用した狭小住宅

約30坪の敷地面積を最大限に利用した、SPELL DESIGN WORKSの手がけた住まい。過去に十数年おきに高潮で浸水する地域にあり、これからの暮らしを災害にそなえるため、1階のフロアレベルは地面から1m高い位置に計画されました。住宅街の角地にあり、道路との関係から望まれる空間や機能を凝縮したようなデザインを提案した建築家。角の隅々まで有効的に空間を配置し、実面積以上ののびのびとした家が叶いました。複雑な形状のファサードは、四角形・三角形の部分で素材を変え、ボトムアップのコンクリート部分も含めて複数の素材から構成されています。色だけでなく、ユニークな陰影を生み出す素材をアクセントに加えることでまるでアートのようにも見え、災害の心配にも強い機能性を持つ家ができあがりました。本住宅については「災害の心配を乗り越える、まるでアートのような家」で詳細をご紹介しています。

▶homifyで建築家を探してみませんか?◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※ 

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 


Maison de Village Maisons modernes par Lautrefabrique Moderne

Besoin d’aide pour votre projet de maison ?
Contactez-nous !

Trouvez l’inspiration pour votre maison !