シンプルなガーデニングは、インパクト大!

Solliciter un devis

Le numéro est incorrect. Merci de vérifier le code du pays, préfixe et numéro de téléphone.
En cliquant sur 'Envoyer', je confirme que j'ai lu le Politique de confidentialité et j'accepte que mes informations précédentes soient traitées pour répondre à ma demande.
Note : Vous pouvez révoquer votre consentement en envoyant un e-mail à privacy@homify.com

シンプルなガーデニングは、インパクト大!

Nami Sasaki Nami Sasaki
 de style {:asian=>"asiatique", :classic=>"classique", :colonial=>"colonial", :country=>"de stile Rural", :eclectic=>"éclectique", :industrial=>"industriel", :mediterranean=>"méditerranéen", :minimalist=>"minimaliste", :modern=>"moderne", :rustic=>"rustique", :scandinavian=>"scandinave", :tropical=>"tropical"} par Peter Heidhoff freischaffender Designer und Möbelbauer,
Loading admin actions …

シンプルなガーデニングと聞くと、何かつまらない感じがしますが、それは大間違い。シンプルだからこそ、きらりとアイディアの光る、インパクトのあるデザインが可能となるのです。今回は、シンプルではありながらも、あっと驚くアイディアで、素敵なガーデニング生活が楽しめるインテリア10選をお届けします。スペースにあまり余裕のないお宅でも、すぐにでも取り入れられるアイディアが満載です。お洒落なガーデニングを楽しみましょう!

ヘラジカホース

 de style  par Garden Glory, Moderne

まず初めにご紹介するのは、ありそうでなかったこちらのホースかけ。ヘラジカの角を模したデザインは、北欧スウェーデンのインテリアコーディネーターGarden Gloryによって手がけられました。ゴールドとブラックのホース本体まで完璧にデザインされ、もう調度品と呼んでも差し支えないほどの高級感を醸し出しています。たかがホース、されどホース。緑のホースが絡まりながら床に転がってるのとは、雲泥の差ですよね。シンプルですが、お庭の格調を一気にランクアップできる、凄腕アイテムです。

苔を自分の手で育てよう

格式高い日本庭園では、専用の庭師さんがお手入れを任されるほど、美しく育てるのが難しいと言われている苔。篠田 望 一級建築士事務所が、地面に穴を掘り、炭やおがくずを用いるという太古の方法で、信楽焼の植木鉢を焼き上げました。ころんと丸いフォルムが可愛らしいですが、なんと意匠面だけでなく、機能的にも苔に適した最高の環境を与えることが可能なのです。それは、水を吸い上げる力。受け皿に水を張っておくと、植木鉢が苔に必要な分だけ吸収してくれるそう。これでプロじゃなくても、美しい苔を保つことが出来ますね。意匠性機能性、ともに申し分無しの逸品です。

キッチンでもちょこっとガーデニング

こちらはオランダのデザイナーPop up Palletsが手がけた、ハーブを植えるための棚。料理をしながらパパッとその場でハーブを収穫できたら、キッチンに立つのが楽しくなりそうですよね。何より、フレッシュなものを頂けるのが最大の魅力。棚に物を収納するかのように、列に並んでハーブが収まっているので、見た目もすっきりと清潔感があります。

ついにベランダでBBQ

 de style  par Icool, Industriel

大きなお庭があるお家が少ない、日本の住宅事情。残念ながらマンション住まいだと、ベランダでBBQなんて夢のまた夢ですよね。そんな悲しい現実に立ち向かったアイディア商品がこちら。スペインの家具デザイナーIcoolによってデザインされました。取り付けも楽チンで、丸ごとシンクで洗えるサイズなのもポイントが高いですよね。デザインもスタイリッシュで、どのようなテイストのベランダでも馴染むことができます。

鳥のさえずりとともに

こちらはドイツのデザイナーPeter Heidhoff freischaffender Designer und Möbelbauerが手がけた鳥の巣箱。まるで郵便ポストのような、シンプルなデザインが可愛いですよね。豊富なカラーバリエーションが魅力で、お庭のテイストに合った、お気に入りを見つけることができます。鳥のさえずりが聞こえる憧れのお庭生活が手に入るかもしれませんよ。

木を囲んで

Jardin de style  par homify, Minimaliste

こちらはイギリスのWhitaker Studioが手がけたお庭。木の周りにぐるっと設けられた丸いベンチが、ただの一本の木を、シンボルツリーに大変身させました。このようにお庭の植物になにか働きを与えると、一気に意識がそこに向きますよね。離れて見るとアイコンに、そこに座ると周りの景色もいつもと違った目線で楽しめる、一度で二度美味しいアイディアです。

ガーデンテーブル

こちらはポーランドのデザイナーAPPO projektが手がけた、屋外チェア&テーブル。ガラスの天板が、浮遊感を演出します。まるで芝生の上にコーヒーが浮いているかのようですね。ツタ系の植物を植えたら、時間が経つとテーブルを覆い隠していって、もっと面白いかもしれませんね。こんなガーデンファニチュアがあれば、晴れた日は外でゆっくりお茶なんていう、素敵な時間が過ごせそうです。

そよ風に揺られて

こちらはガラス作家の西中千人さんの作品と、株式会社木村グリーンガーデナーの日本庭園のコラボレーション企画で生まれた苔玉。まんまるとした苔が中に浮いている様は、まるで緑いっぱいの惑星のよう。風が吹くと、竹のしなりとともに振られ、中に隠されたガラス製の風鈴が、どこからともなくすずしげな音を演出します。日本人の心を再確認できる、シンプルながら趣のあるデコレーションです。

古瓦の灯

こちらも株式会社木村グリーンガーデナーの手がけた、古瓦を再利用したランプ。ツタの絡まる様がなんとも言えない風情を醸し出しています。廃棄予定だった古瓦が、まるでこのために作られたかのように美しい光を灯します。やはり日本庭園に置く照明は、存在を主張しすぎない、奥ゆかしくも品と風情があるものがしっくり合いますね。

ウッドキューブに飾る

こちらはドイツのBlumen-wieseが手がけた、一輪挿し。一列にたくさん並べて壁に取り付けると、お花の持つ自然な動きが強調されて、面白いですよね。立方体から下は、試験管のような透明の筒で作られているため、まるでキューブだけがお花を支えているかのように見えます。木の種類やどの木目を出すかによっても表情が異なって、シンプルながらも奥深い作品に仕上がりました。

Maison de Village : Maisons de style  par Lautrefabrique , Moderne

Besoin d’aide pour votre projet de maison ?
Contactez-nous !

Trouvez l’inspiration pour votre maison !